下痢の予防と治療

下痢のつらさは想像以上。
特に何かと下痢になりやすい人は本当に大変です。
ちょっとおなかを冷やせば下痢、緊張すれば下痢、何もしていなくても下痢・・・
特に腐ったものを食べたわけでもないのに下痢になりやすい人の腸はどうなっているのでしょうか。

これには腸内環境、要するに腸内細菌のバランスが大きくかかわっています。
普段から肉食であったり、不規則な生活をしている人の腸内細菌は悪玉菌に偏っています。
悪玉菌は普通の人が食べてもなんともないものからでも有害物質を作り出してしまい、これを輩出しようと腸が下痢を引き起こすのです。

また悪玉菌の増えた腸は普通の人なら問題のない弱い細菌やウイルスに対しても敏感です。
さらには腸が過剰に動いてしまうぜん動運動過多を引き起こす一因にもなります。
また、風邪をひいたときなどに風邪薬を飲むと下痢になってしまうのも腸内環境が悪玉菌に偏ったことで起こることがほとんど。

風邪をひいた際などに処方される抗生物質はあらゆるウイルスを死滅させます。
これで風邪ウイルスを撃退するところまではよいのですが、抗生物質は腸内の有用な善玉菌も一緒に撃退してしまいます。
その結果、最初のケースと同様、腸内細菌が悪玉菌に偏ってしまい、下痢になってしまうのです。

原因が分かれば、対策も打てます。
その対策とはズバリ、腸内細菌のバランスを善玉寄りに整えてやることです。
このバランス維持に有効なのがご存じ乳酸菌。
乳酸菌は腸内を酸性に保ち、悪玉菌が育ちにくい環境を作ってくれるので、自然に善玉菌が増えます。

おなかの調子が悪いと感じた時はもちろん、普段から下痢をしやすい人であれば、日々継続的に乳酸菌を多く含む食事を意識したり、
乳酸菌飲料や健康食品を摂るようにするとよいでしょう。
ただ、継続摂取しているにも関わらず症状が改善しないのであれば、別の病気の可能性もありますので、その際はただちに使用を中止して専門医等の診察を受け、適切な治療をするようにしましょう。
また、発酵乳と乳酸菌の関係についても参考にご覧ください。