ビフィズス菌で腸を占拠

一般に腸の調子を整えるのに有効とされる乳酸菌ですが、その中で一番有名なものにビフィズス菌があります。
ビフィズス菌はもともと腸内に存在する腸内細菌の一種で、このビフィズス菌が腸内に十分にある場合、腸はそれぞれの栄養素を正常に吸収できるということが分かっています。
そのため、ビフィズス菌を含む食品は「特定保健用食品」としてその効果をうたうことが許可されています。

「おなかの調子を整える」という食品はたいてい、ビフィズス菌が入っています。
また、最近の研究ではビフィズス菌は花粉症といった各種アレルギー症状を緩和させることもわかってきています。
ただこちらはまだデータが足りず、トクホでうたうことは許されていません。

さて、ビフィズス菌というとそういう名前の菌があるように思われています。
間違いではないのですが、ビフィズス菌というのは放線菌綱Bifidobacteriales目Bifidobacterium属の菌の総称です。
人の健康に有効とされるビフィズス菌は数種類あり、それぞれに特徴があります。
その中でも今、おもに健康食品等に使われているのは、ビフィズス菌BB536や高生存ビフィズス菌BE80など、胃酸に触れても死滅せず、生きたまま腸に届くタイプのものです。
また、ビフィズス菌を増やす菌というのもあります。

LGG菌という菌がその一つで、これも胃酸や胆汁酸に負けず腸に届き、ビフィズス菌を増やします。
またそれ単体でも腸内の悪玉菌を減らし、腸内環境を良好に改善してくれる働きをしてくれます。
ビフィズス菌を腸内で増やすには、ヨーグルトなどビフィズス菌を多く含む食品を摂るのが早道です。
その中でも上記のとおり、胃酸に負けず生きたまま腸まで届くビフィズス菌を多く含む乳酸菌飲料等は特に効果的。

こういった健康食品はビフィズス菌をはじめとする各種乳酸菌を含んでいるのはもちろん、ビフィズス菌を活発に動かすためのオリゴ糖や食物繊維といったものを合わせているので、便利です。
この他の乳酸菌については、http://chokipeta.jp/mennekiryoku.htmlで確認してみてください。