ビタミンを作り出す働きがあります

腸内における乳酸菌の働きとしてよく取り上げられるのは、腸内を酸性にして腸内細菌の質を良くすることです。
簡単にいえば、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすということです。

そんな乳酸菌にはもう一つ大切な役割があります。
それは腸内において、ビタミンを作り出す働きがあることです。
乳酸菌が腸内でつくるビタミンは多種多様。
特に多いのがビタミンB系です
ただ、B1、B2、B6、B12といったものののほかにも、ビタミンK、ニコチン酸、葉酸といったものの生成にも関与しています。

ビタミンB群は糖分をエネルギーに変えて細胞を動かすために欠かせない栄養素ですから、まさに元気に直結するビタミンといえるでしょう。
また血液の凝固作用を整えるビタミンKはそのほとんどが腸内で合成されていますので、腸内細菌が健康に与える影響は本当に大きいといえます。
肝機能改善や利尿作用、ガンの抑制にも効果があるといわれていますからなおさらですね。

ちなみに腸内でビタミンを生成するのは、何も乳酸菌だけではありません。
もともと腸内に住んでいる腸内細菌の中にも何種類かビタミンを生成するものがあります。
そしてここからが面白いのですが、腸内細菌は善玉・悪玉と勧善懲悪に分けることはできません。
有用なビタミンを出すけれど、それと同時に有害物質を生成する腸内細菌があるなど、善玉と悪玉両方の性質を持っていることがほとんどです。

そのため腸はそれぞれのバランスを見て、善玉と悪玉のバランスを調整しているのです。
つまり、善玉菌を増やすことに躍起になることよりも、腸の善玉と悪玉の調整機能をしっかりサポートしてやるのが得策。
そして、そのためにも必要なのが乳酸菌、というわけです。

ビタミン補給はサプリメントという人もいらっしゃいますが、やはり一般の食事から摂るのと、体内合成させるのがベスト。
サプリメントだって楽にのめる半面、味気なくてストレスがかかり続かないことだってありますからね。