腸内の腐敗を抑える働きがあります

腸内の環境は日々絶えず変化しています。
食べるものによっても変わりますし、気候といった外的環境、生活のスタイルによっても微妙に変わってきます。
とは言っても具体的に腸内環境とはいったい何なのかがわからないと話が進みません。

腸内の環境という話で取り上げられるのは腸内細菌の話です。
腸内には約100種類の腸内細菌がいて、それぞれ善玉菌と悪玉菌に分かれています。
善玉菌とは腸内で栄養素を分解し吸収するために役立ち、悪玉菌は腸内にあるものを腐敗させ、有害物質を生成する菌です。
私たちの腸内では常に善玉菌と悪玉菌そのが勢力を争っています。

善玉菌が多くなれば腸から始まって体全体の調子が良くなりますし、悪玉菌が多くなれば便臭が臭くなるところから始まり、下痢が続いたり、最終的にはガンを誘発するなどあらゆる体調不良が起こります。
この時、善玉菌を増やし悪玉菌を減らすためのカギを握る重要な要素の一つが乳酸菌です。

乳酸菌がつくりだす乳酸は、腸全体を弱酸性に保ちます。
酸性の環境下ではほとんどの悪玉菌が育ちにくくなりますので、善玉菌が増えるというわけですね。
酸は腸内以外でもいろいろなシーンで私たちの生活に役立っていますね。
たとえばワインや日本酒の醸造過程で乳酸を使うことで、雑菌の繁殖を抑えることができますし、酢に含まれる酢酸は菌の繁殖を抑えて腐敗を防止するため、昔から漬物など長期保存職を作る上で欠かせないものです。

お寿司に酢飯を使うのは当たり前のことですが、あれは魚の生臭さを感じさせない味わいのほかに、魚についた雑菌による腐敗や中毒を防ぐという本来の役割があるのです。
ちなみに余談になりますが、乳酸というのは腸内ではその状態を良好にすることから珍重されていますが、筋肉内においては疲労物質としてよいイメージが持たれていません。

ただ、最近の研究で乳酸は筋肉が疲労した際、それを防ぐために出ていることが分かり、それまでの説と全く逆であることが分かっています。
一言で乳酸とはいっても奥深いものがありますね。