乳酸菌は生きている?

腸内細菌のバランスを善玉に保つことで私たちの健康に貢献してくれている乳酸菌。
この乳酸菌は生きた状態でヨーグルトや乳酸菌飲料の中に存在していて、腸の中で活発に働きます。
これらの乳酸菌は、生きたままの状態で活動を停止させています。
要するに冬眠しているということですね。
この冬眠は水分と栄養が与えられることで解除されます。
乳酸菌の生命力の強さには驚かされますね。

各メーカーはこの乳酸菌をいかに減らさず活動停止状態にしてするかに知恵を絞っています。
また一般に乳酸菌は胃酸や胆汁酸に弱いため、普通の状態だと腸につく前にほとんどが死滅してしまいます。
そのため、乳酸菌を別の酵素などでコーティングしたり、酸に強い品種の乳酸菌を開発することでこの問題を解消しているのです。
逆にいえば、腸まで届いて腸内の環境を良くしてくれるヨーグルトや乳酸菌飲料を作るには高い技術と長年の研究、経験が必要ということです。

そういった資質を備えた製品を選ばなければ、思ったような健康効果は得られないと考えてよいでしょう。
このように乳酸菌は生きているわけですから、これを殺さないように摂取・服用することも大切なポイントになります。

カレーライスなどを作る際にヨーグルトを使うことってありますよね。
これは当然のことながら煮沸消毒ですから乳酸菌は死滅してしまいます。
風味づけや肉を軟らかくするためと割り切っているのなら構いませんが、乳酸菌をとることを目的としているのであれば、加熱調理は慎むべきです。
ちなみに、「生きたまま乳酸菌が腸内に届くこと」を売りにしたヨーグルトや乳酸菌飲料、健康食品が幅を利かせていますが、実は死んだ状態でも腸内で有効な働きをする乳酸菌も見つかっています。

そのため現在では、生きた状態で腸に届ける研究と、死んでいても健康効果のある乳酸菌の研究の二本立てで乳酸菌の開発が進められています。
とはいっても、できることなら乳酸菌は生きたままの状態で服用するのが効果的ですから、加熱等せずそのまま食べるようにしましょう。

また、保存状態が悪いと菌の働きも落ちてしまいますので、各製品のパッケージなどに書かれた保存方法を守り、早めに食べることをお勧めします。
皆さんも乳酸菌生活を始めてみませんか。