カプセルで守られた乳酸菌の行き着く先

少し詳しい方なら乳酸菌が酸に弱いため、胃酸や胆汁酸などによって、腸に届く前に分解されてしまうことをご存知かと思います。
そのため、今では胃酸に強い乳酸菌の研究や、乳酸菌そのものではなく、もともと腸内にある乳酸菌を活発にする触媒的な効果を持ったものの研究が進められています。

一方で乳酸菌のこの弱点を別の方法で解消しようとする製品もあります。
これは各種乳酸菌をカプセルに入れるという方法。
これなら中身の乳酸菌は腸に届くまで直接酸にさらされることがありません。
ただこの方法にはひとつ大きな問題があります。
それは、カプセルがちゃん腸内についたら溶けだしてくれるのかという問題です。
人の消化能力にはかなりの個人差があります。

そのため、ある人の場合は腸に届く前にカプセルが溶けてしまい、別の人は腸に届いてもまだカプセルが溶けないということも起こりえるわけです。
こういったカプセル入りの乳酸菌を開発するメーカーも当然のことながらカプセルの溶け加減については研究を重ねています。
ただ、日本全国に流通する商品ですから一人一人に合わせてオーダーメイド、というわけにはいきません。

これが誰にでも同じ効果を出そうと考えるときの足かせ、というわけです。
こういったカプセルに入った乳酸菌食品は、乳酸菌そのものに胃酸に強い品種を使うよりコスト的に安くあげることができるので販売価格も比較的安価になる傾向があります。
ただ、どうしても効果に個人差が出てきてしまう欠点を解消することはできません。
実際にある程度の期間試してみて、それで思った効果が出るのであればいうことはありませんが、特にまだ試したことがない人などは、こうったカプセル入の乳酸菌には手を出さないほうが部万でしょう。

ちなみに、カプセルそのものの主原料はゼラチンであることが一般的です。
下の上を転がすだけで溶けだしてくるゼラチンですが、油断はできません。
実際、便秘で数日間お通じのない被験者の便を調べたところ、摂取・服用から数日たっているにも関わらず、ゼラチンの溶け切らない残骸が出てきたこともあるようです。
より良い乳酸菌の選び方を知っておけばより健康的な生活が送れるでしょう。