効果が出るヨーグルトのお値段

多くの人が誤解されているようですが、乳酸菌というのはその活動過程で乳酸をつくる菌の総称です。
その種類は数えきれないほどあります。
また、ビフィズス菌と乳酸菌が別のものであると思っている人も多いです。
実際はビフィズス菌は乳酸菌の仲間。
さらにはビフィズス菌も一種類だと思っている人がいます。
ビフィズス菌もいろいろな種類があります。

なぜこんな話をしたかといいますと、乳酸菌には様々な種類があり、それぞれの菌には様々な効果があることを知っていただきたかったからです。
たとえばブルガリア菌であれば整腸作用が主な機能。
LG21乳酸菌であればピロリ菌を撃退するので腸よりも胃がんに対しての効果が期待できます。
1073R-1乳酸菌は免疫力が高まることが期待できます。

もちろん、どの乳酸菌であっても善玉菌を増やすという点では共通していますので、腸に良いというのは間違いではないのですが、せっかくですから自分が一番着になる部分に対して効果の高い乳酸菌を含んだヨーグルトを食べるようにしましょう。

こういった機能性の乳酸菌を含んだヨーグルト。
最近では各社が開発を進めていて、スーパーの食品売り場の棚に所狭しと並んでいます。
お値段もピンからキリまで。
だいたいは80グラムが4パックで250円であったり、110グラムで120円といったように、1食100円前後です。

ただ、考えていただきたいのは、ヨーグルトは決して薬ではないということです。
風邪薬のように3日飲めば改善、1週間分で・・・というわけにはいきません。
健康維持や体質改善のためには、1か月、半年、1年・・・と普段の食事と同じように継続的に摂ることが前提になります。

そう考えると1日1食と考えても1カ月4000円前後、1年にすれば5万円ほどになります。
これを安いと考えるか、高いと考えるかは人の価値観によりますが。
腸というのはその人の健康に直結する部分ですので、そこに対しての投資と考えると十分投資の価値があるように思えます。
乳酸菌でお肌もお腹も健康になりましょう。