乳酸菌 生産物質の失敗しない選び方

私たちの健康に欠かせない乳酸菌
この乳酸菌を多く含むもの、乳酸菌をつくるものは数多くあります。
また最近では乳酸菌を含む乳酸菌飲料などの健康食品も増えてきました。
この中で、本当に私たちの健康を増進してくれるものを選ぶにはどうしたらよいでしょうか。
そのポイントをまとめてみました。

そもそも乳酸菌生産物質というのは何でしょう?
乳酸菌そのものと何が違うのでしょう?
腸内の乳酸菌を増やそうとすると、乳酸菌を多く含んだ食品を摂ることをまず思い浮かべます。
これはこれで間違った考え方ではありません。
ただ、一般に乳酸菌はとても繊細な菌で、胃液や胆液でほとんどが分解されてしまいます。

そこで考え出されたのが乳酸菌生産物質です。
これは、乳酸菌のエサとなって元々腸内にある乳酸菌を活性化させるものですので、腸に届くまで分解されません。
そのため、乳酸菌そのものを食べるより効率よく腸内の乳酸菌を増やすことができるのです。

このように、乳酸菌そのものだけの摂取ではどうしても出てきてしまう弱点を保管するのが乳酸菌生産物質。
乳酸菌の摂取と合わせることで効率的に腸内環境を整えることが期待できます。
ただ、乳酸菌生産物質といっても何でも良いというわけではありません。
その人の体質、腸内細菌の割合等に合ったものを使わなければ異物としてすぐに体外へ排出されてしまいます。

あまり知られていませんが、日本人とその他の民族では腸内の環境は大きく違います。
そのため、たとえば欧米人にとって最適な乳酸菌生産物質をであっても、日本人に合うとは限りません。
逆にお腹の調子が悪くなってしまうこともあるようです。
そのため、日本人に合ったものを選ぶのが基本、国内メーカーがつくったものを選ぶことです。

また有害な添加物や防腐剤等が入っているものは論外です。
食への意識が高まっている昨今では、だいぶ減ってきましたがそれでもコストを下げ、値段でアピールしようというメーカーは粗悪品を売り出しています。
直接体に入れるものですから、多少高くても信頼できる品質のものを選ぶようにしたいものです。