乳酸菌による善玉菌増殖法

ガンの発生を抑える、食中毒などの健康被害を防ぐ、コレステロールを下げる、花粉症などのアレルギーを軽減する・・・
腸内の善玉菌には私たちの健康維持に有用な効果がたくさんあります。
ぜひ善玉菌を増やしたいものですが、具体的にどうすれば良いでしょうか。

ここでは乳酸菌による善玉菌増殖法について考えたいと思います。
乳酸菌は腸内を酸性に保ち、悪玉菌の発生を抑制し、善玉菌を増やす働きがあります。
腸内の乳酸菌を増やすための第一歩は乳酸菌を含んだ食品をより多く摂ることです。
よく知られているヨーグルトやチーズ、納豆や漬け物、キムチ、味噌など乳酸菌を含む食品は意外に多くあるものです。
これらを積極的に食事に組み込んでいくことが第一のポイントですね。

ここで乳酸菌について一つ面白いことがわかっているので紹介しておきましょう。
乳酸菌には乳製品を中心とした動物性乳酸菌と、大豆製品や漬け物などを中心とした植物性乳酸菌があります。
このうち動物性乳酸菌は胃でかなり分解されてしまいますが、植物性乳酸菌は胃での分解が少なく、生きたまま腸に届きやすい乳酸菌です。
具体的には、動物性乳酸菌の10倍、植物性の乳酸菌は腸での生存率が高いことがわかっています。

乳酸菌飲料やヨーグルトばかり摂っている人をたまに見ますが、そいういう人は植物性の乳酸菌も考慮に入れることをおすすめします。
また乳酸菌は生き物ですから、元気に働くには私たちと同じように栄養分=エサが必要です。

乳酸菌を元気に働かせるための栄養素は糖分です。
オリゴ糖は乳酸菌との相性が良いので、合わせて日々摂るようにしたいものです。
さらには乳酸菌を保護する食物繊維を多く含む野菜類や豆類、穀類を合わせて摂るようにすると良いでしょう。

ただここで一つ、大切なことがあります。
これは乳酸菌を意識しすぎるあまり、他の栄養バランスを崩してしまってはいけないということです。
朝はヨーグルトだけを食べるという極端な人がいますが、これでは他のタンパク質やビタミンが不足してしまいます。
これで体調を崩してしまっては意味がありません。
毎日バランスよく乳酸菌を摂取することが大切なのです。